オフィス, ビジネス, ビジネス/オフィス

インサイドセールスは

インサイドセールスとは、社内にいる営業担当者というような意味になります。営業は社外に出て顧客と会ったり話をしたりするのが主な仕事であって、社内にいてはほぼ何の価値も生み出せないと考える人も多いかもしれません。確かにある意味ではそのとおりであって、毎日のように朝から晩まで社内にいる営業担当者というのは常識的に言って考えにくいことです。ではインサイドセールスは無用の存在かというとそんなことはありませんし、営業部門に所属する人であってもインサイドセールス的な役割を果たしている時間は短くなく、優秀な人ほどその重要性を十分に理解しているものと言うこともできます。

どういうことかと言うと、社外で顧客に会うことが目的だとしても、闇雲にコンタクトして成果が上がるわけではありません。どこの誰はどのような商品に興味がありそうなのかとか、次にどの商品を勧めると良いと思われるのかといった事前の種々の情報整理は社内にいても可能ですし、むしろ社内でしっかりと準備すべきものです。優秀な担当者はこのような事前準備を抜かりなく行い、会うべき顧客に会うべき日時を選んだ上で、伝えるべき情報を伝えているからこそ成果が上がると言えます。インサイドセールスは、このような事前準備に特化した者ということができ、いわば営業部門内で業務をその性質によって切り分け、お互いに専門性を高める目的を持っています。

もちろん両者の連携は必須となります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です