オフィス, ビジネス, ビジネス/オフィス

インサイドセールスについて

最近、インサイドセールスという職種を置く会社が増えてきています。インサイドセールスは営業部門の中の職種の一つですが、基本的に営業担当者は外勤を主体として社外の顧客と会うことが仕事の大半を占める一方で、外勤は行わず社内で仕事を行う人のことをインサイドセールスと呼びます。営業部門の戦力となるのはフットワークが軽く外勤で働ける人であって、社内に居てもらっても会社の売り上げとかには寄与しないと思う人もいるかもしれませんが、これは一面的な見方です。要するに、外勤担当者であっても社内で種々の準備とか情報整理を行っている時間はあるはずでしょう。

特に昨今は営業に関わる様々な情報がデータベース化されている会社が多くなり、顧客に関わる情報を整理したり確認したりすることの重要性が大きくなってきています。昔はいわゆる職人的な勘であったり、上司や先輩の仕事ぶりを間近に見ることで体で覚えていったような面も大きかったでしょうし、今でもそのような側面は残っているに違いありませんが、それでも勘とか気合いとか精神力などといった言葉では説明しにくい要素が占める部分はどんどんと減少してきていて、営業といえども具体的かつ客観的なデータに基づいて論理的に仕事を進めなければならない点が増えてきています。これは明らかに外勤職とは性格の異なる仕事であって、その意味で両者を切り分け、分担して行うことでその人の特性に合った仕事ができると考えられるわけです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です