オフィス, ビジネス, ビジネス/オフィス

SFAの概要と導入するメリット

SFAというのは英語のSalesForceAutomationを略したもので、日本語に言い換えれば「営業支援システム」のことです。導入する企業は徐々に増えつつはありますが、まだ耳慣れないという人も少なくないことでしょう。そこで、SFAの概要と導入メリットについて見ていきます。SFA(営業支援システム)は、その名の通り、営業を支援するための手法やツールを意味します。

具体的には、企業がアポイントをとり、営業活動を始めてから受注できるまでのプロセスを可視化して、その間の管理をおこなうことです。では、SFAのシステムを導入すると、どんなメリットが得られるのでしょうか。単純に言えば、営業活動効率化による売り上げ拡大が叶うということですが、もっと具体的に見ていきましょう。まず、SFAを導入することで「営業担当者が本来の業務に集中できる」という点が挙げられるでしょう。

例えば、これまでおこなっていた顧客リスト作りや見積書作成などの定型業務をシステムにまかせてしまうことで、顧客へのアプローチなどのコアな業務に、より時間をかけることが出来るようになります。次に、「営業活動の再現性を高める」効果も期待出来ます。導入前は営業担当が個別に持っていたノウハウが、情報共有化されることにより、効果の高いアプローチ方法の分析が可能となります。それによって個人の不得手に関わらず、効率的営業活動が出来るようになるのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です