オフィス, ビジネス, ビジネス/オフィス

SFAで利用されている基本的な機能

営業支援システムとして利用されているSFAには、主にどのような機能が搭載されているのでしょうか。SFAでよく利用されている機能は案件管理や活動管理、顧客管理、商談管理です。いずれも営業活動をサポートする基本的な機能となっており、ビジネスチャンスを逃さず活かすために必須です。上手に活用することでさらなるチャンスへと結びつけ、優良顧客を獲得したり、新たな契約へと結びつけることもできるでしょう。

SFAの案件管理においては顧客それぞれのアプローチからアクセス、そして契約までを段階的に管理できるのが特徴です。多数の案件を同時進行する場合であっても、案件ごとの段階を確認することができるため、顧客を取り違えて間違った対応をするなどのミスを防止することができます。活動管理は営業社員の利用状況の契約状況、日々の報告や成績といった様々な事柄を一括管理する機能です。日報を確認すればそれぞれの成績や進捗状況なども把握することができるでしょう。

成績優秀なメンバーを選抜して新しいチームの作りたい時にも参考になります。顧客管理では顧客の基本的な情報の一元管理を行います。基本情報に加えてコミュニケーション履歴や問い合わせ履歴なども記載されるため、曲が何を求めているのか判りやすくなる機能です。見積もりや決済などの状況を管理する商談機能などと同時に利用することで、取引中の相手がどのような属性を持っているのかをすぐにチェックできます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です