オフィス, ビジネス, ビジネス/オフィス

CRMに搭載されている基本的な機能

CRMシステムに搭載されている機能のうち、代表的なものとして挙げられるのが顧客単位での情報管理機能です。氏名・年齢や住所といった基本的なデータはもちろん、購入日・金額などの履歴やその実績を基にした分析データを管理できます。加えて会員の情報を管理できる機能も有用であり、問い合わせ情報の管理コストの削減が可能です。メール配信の仕組みと連動させて、マーケティングの分析から販促活動まで会員のデータを有効活用できます。

見込み率に見合ったグループ分けを行い、顧客ごとに異なるメールを配信できる機能もCRMシステムには搭載されています。開封率が閲覧できるため、配信に適切な時間帯や件名・文章の分量の見極めが可能である点もメリットの1つです。個人ごとではなく、問い合わせの内容や履歴ごとに管理することも可能です。問い合わせのチェック漏れや、二重で対応するといったトラブルも未然に防げます。

多く寄せられた質問に関しては、その問い合わせと回答の事例を公開することで対応にまつわる工数を減らすこともできるでしょう。データの管理だけでなく、CRMはアンケートを実施することも可能です。顧客の声を反映できるツールであるため、余すことなく活用したいところです。アンケート用のフォームを作成して、集計して分析を行うことによりさらなる戦力を立てて売上アップに繋げられます。

各種セミナーなどイベントの実施を行う際にも、CRMシステムが活躍します。申し込みフォームや来場者リストの作成など、運用に関する管理に役立つ機能も搭載されているからです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です