オフィス, ビジネス, ビジネス/オフィス

CRMの様々な機能について

消費者のニーズが多様化しており、企業が売上を増やすためにはそれぞれの顧客に合った方法で営業活動を行う必要があります。よりきめ細かなサービスを提供するには、顧客に関する情報を集約して一元的に管理しなければなりません。企業の規模が大きくなるほど顧客数が増えるため、情報の一元的な管理が難しくなります。情報が属人化して特定のスタッフだけが独占するような状態になると、組織的な営業活動が困難になってしまいます。

CRMを導入すれば顧客に関する情報を全てのスタッフが共有し、密接な連携を取りながらきめ細かなサービスを提供できるようになります。CRMとはCustomerRelationshipManagementのことで、日本語では顧客関係管理と呼ばれています。広い意味では顧客と良好な関係を構築・維持するための様々な施策を意味します。狭い意味では顧客と良好な関係を構築・維持するための様々な機能を備えたツールのことです。

このツールを導入すると顧客に関する情報が一元的に管理されるだけでなく、様々な目的のために有効活用できます。CRMには顧客単位で情報を管理する機能を備えています。氏名や年齢など基本的な情報だけでなく、購入日や購入金額などの購買履歴情報も商品別に管理できます。会員の情報を一元的に管理する機能もあり、効率的に問い合わせ管理のコストや情報漏えいのリスクを減らすことが可能です。

このツールは各種セミナーやイベントを実施する機能も備えています。申し込みフォームの作成や受講票の配信、来場者リストの作成などを行うことが可能で運用管理が効率化されます。他にもCRMにはアンケートの実施や問い合わせ管理、メール配信など様々な機能が存在します。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です