排水口つまりは早期に解決しないと被害は広がります

住宅に備わっている各水回りの設備においては、普通に正しく使っていれば問題はあまり起きないものです。経年劣化による水漏れなどは避けることは難しく、ゴム製のパッキンを使用している以上、ゴムの劣化は止めることができません。一方で排水口つまりの問題も起きてしまう場合はあり、こちらも正しい使い方をしていればつまりは起きませんが、長年にわたり使用している水回りの設備においては、知らぬ間に排水管に異物が固着してしまい、排水能力が下がってしまうことは考えられます。この問題をクリアするには定期的なメンテナンスが必要とされ、ホームセンターで販売している排水管用の洗浄剤を使っていると排水口つまりを引き起こすリスクは低くできます。

それでも起こってしまう排水口つまりの問題は、例えばキッチンや洗面台の場合は、下の収納スペースを確認すると、排水管は簡単に探せます。半透明の樹脂製のタイプを利用しているものや、グレーカラーの蛇腹タイプの排水管、腐食を起こさない金属製で作られていることが一般的です。メーカーや機材により仕様は異なる傾向にありますが、この見える位置でつまりが起きている場合は、自力解決する方法もあるので試してみることは推奨できます。洗面台やキッチンの排水管は、上部で固定されており反時計回りに回す方法で簡単に撤去可能です。

異臭が上に上がらないように、中間位置には湾曲したトラップを設けていることもあり、上を外せば引き抜くだけで簡単に取り出せます。その後は水を使える場所に排水管を持っていき、内部をワイヤーブラシなどで綺麗に磨く作業を行い、仕上げに洗浄剤を入れて決められた時間を待機すると完全に新品の状態に戻すことはできます。被害が広がってしまう前に対処することで、水回りの問題からは解放されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *