ウォシュレットの水漏れ修理

今やウォシュレットトイレの一般家庭の普及率は、約7割にものぼると言われています。自宅のトイレはウォシュレットという人も、多いのではないでしょうか。ただ、パーツが細かいということもあり、ウォシュレットトイレの水漏れトラブルは多いようです。特に経年劣化でパーツが傷んでしまっていた場合、水が漏れてしまうこともあります。

電機を使う部分ということもあり、自分で直すのは難しいと感じるかもしれませんが状況によっては専門業者に依頼することなく、水漏れ修理できるかもしれません。ノズルからポタポタを水が漏れているという場合、ノズルに汚れが詰まっていることが多いです。ノズルから水漏れしている場合は、まず掃除を行うと良いでしょう。また、パッキンが劣化して漏れているケースも少なくありません。

給水管についているパッキンが傷んでいないかもチェックしましょう。パッキンはホームセンターなどで汎用タイプのものが販売されているので、サイズが合えば自分で水漏れ修理することも可能です。簡単に直すことができるケースがある一方、ウォシュレットは電化製品ですので自分で水漏れ修理できないケースもあります。無理に修理しようとして壊してしまう危険性があります。

また、最悪の場合は感電というリスクもあるので、無理をしないようにしましょう。自分で直すのが難しいと判断した場合は、水漏れ修理など水のトラブルを得意としている、専門業者に相談することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *