浴室リフォームでシートを使った方法について

浴室リフォームを希望している方の中には現状として使っているユニットバスに大きな問題は生じていない場合も見られます。単に壁や床面などが汚れてしまったことで、見た目上の問題として浴室のリフォームを行う方もいます。排水や給水など大きなトラブルが起きている場合では、新しいユニットバスに交換する方法がベストになりますが、そうではない方のケースでは粘着シートを使って浴室のリフォームを行う方法も用意されています。国内でも有名なメーカーから発表されている粘着シートの中には、耐候性に優れているものがあり、浴室でも十分な耐用性を持つタイプも販売されています。

粘着シートの施工に関しては、壁面や天井など場所ごとに施工する方法になり、面積を計測した上で貼り付けを行うことができます。霧吹きなどに中性洗剤を数滴入れた状態で、貼り付けを行う面を十分に濡らして、同じように粘着シート側も濡らすことが必要です。その後は位置決めを行って貼り付けをして、スキージーなどを使って中央付近から外側へと空気や水分を抜いていく方法で綺麗に施工できます。床面に対しては専用のシートが別途販売されており、タイル調などデザイン性に優れているものもあるので、浴室のリフォームを手軽に行うことのできる方法として用いてみることもおすすめです。

粘着シートにも様々なテクスチャーのものがあり、中には木目調のデザインに仕上がっているものも発表されているので、イメージを大きく変えるリフォームとしても活用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *