冬でも暖かい浴室にリフォーム

浴室のリフォームには様々な種類がありますが、その中でも特に需要が高いのが冬場の寒い日でも暖かく入浴できるようなリフォームです。お湯が張った浴槽に入れば身体は暖かいですが、それまでの脱衣所や浴室が冷えている場合が多く、温度差が辛いと感じる人が多いようです。特に高齢者がいる住宅の場合、脱衣室とお風呂の急激な温度差で生じるヒートショックの問題もあります。ヒートショックは失神や心筋梗塞、脳梗塞など生命に重大な影響を与える症状が発生する可能性があり、家庭内で高齢者が死亡する大きな原因の一つとして知られています。

浴室を入浴前に暖かい環境に整えるリフォームとしては、床暖房の敷設がおすすめです。床暖房というと電気代が高いイメージがありますが、近年では効率的なシステムにより年間数百円といったローコストでしっかり温める床暖房が販売されています。他にも断熱のため、床や壁、天井といった浴室全体に断熱材を使用して熱を逃がさないようにします。また、保温浴槽を導入すればお湯が冷めにくく、家族が時間を置いて入浴する際に何回も追い炊きする必要がありません。

脱衣所の寒さが気になる場合、脱衣室暖房乾燥機の設置を行えば、服を脱いで入浴するまでも暖かく、入浴を終えて浴室から出てきた時も身体が冷えずに済みます。脱衣所のスペースが狭くても、壁に付けるタイプの暖房であれば設置場所に困りません。1坪程度の脱衣所なら10分程度で適温に整えてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *