浴室のリフォームでチェックしたい場所について

浴室のリフォームなどとして、ユニットバスを新しく交換するような場合があります。古くなってしまった浴室であれば、割れてしまっている部分があったり、塗装面に劣化が見られる場合、蛇口などの金具類が古くなってしまった場合でも浴室リフォームを行う方が多いものです。以前は浴槽は深めのタイプがメインとして使われてきた背景がありますが、新しく浴室リフォームとしてユニットバスを用いた場合では、最新のタイプでは比較的浅めに設定されていることも特徴です。新しいユニットバスを導入する場面では、事前にチェックが必要な場所がいくつか存在しています。

まずは浴槽の形状などをチェックすることが良い方法です。流線形に設計されているものや、縁の部分が厚めの幅に設定されているものなどもあり、バリアフリーに適している形状のタイプもあるので、利用者の生活に合わせて選ぶことがおすすめです。鏡や蛇口の位置も重要です。用いる資材によっては以前と場所が変わってしまう可能性もあり、事前にチェックする方法で問題をクリアすることができます。

蛇口などの位置が変わるような場合では、別途配管工事が必要になるので、前もって専門業者と話し合いを行うことが必要です。蛇口の状態そのものをチェックすることも大切です。サーモスタット付きのタイプから一般的な混合栓などもありますが、混合栓の場合ではシャワーなどを使った際にレバーで一時的にストップさせる機能が備わっているものと、そうではないタイプもあるので、事前にチェックすることで不具合をなくすことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *