シンクの汚水漏れ修理を自分でおこなう方法

トイレからキッチン・浴室・庭先など、一般家庭内には4箇所以上に水回り設備が備わっています。これらの水回り設備には水を出すための蛇口と同じく、必ず排水管も備わっているのが特徴です。水を使うということは同時に汚水も出すということであり、不要となった汚水は排水管を伝って下水へと流さないといけません。排水管は日本ではJISの規格により、直径4cmと定められています。

一見すると細すぎるように見えますが、水を流すだけであれば問題はありません。洗面所や浴室だと汚水のみしか流すことはありませんが、キッチンのシンクの場合は野菜の切れ端や魚の骨といった生ごみも一緒に流しやすくなります。これにより排水管つまりが起こりやすく、さらに汚水漏れを誘発するので迅速に修理をしなくてはいけません。シンクの汚水漏れの場合、排水管を取り外すことが可能なのでセルフ修理がしやすいのが特徴です。

汚水漏れを自分で修理する際は、ホームセンターで「ワイヤーブラシ」という道具を購入しておこないます。1本1200円前後で販売されえており、柔軟性のあるワイヤーの先端にステンレス製のブラシが備わっています。また「クリップ式バンド」という排水管の固定部品も購入しましょう。修理をする時は最初にシンクから排水管を取り外します。

この時、ニッパーでクリップ式バンドをカットするので、汚水漏れ修理が終わったら新しいクリップで取り付けます。汚水漏れの原因は排水管つまりが引き起こしているため、ワイヤーブラシを使用して配管内を洗浄すれば解決します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *