インフラの水道工事に従事するために必要な資格の概要

我々が生活するのに欠かすことができないものが水です。飲料用から炊事・洗濯・入浴など、生活の基盤は水のうえに成り立っているといっても過言ではないでしょう。日本をはじめ世界各国で都市開発がなされる時、まず最初にインフラ工事として水道管の敷設から始められます。その後、下水管・ガス・電気などの整備がなされて街を形成していくわけです。

インフラ工事として水道管の敷設に従事する場合、数多くの国家資格を取得していないと携わることができません。水道工事は大きく分けて3つに分類されます。まず最初になされるのが大型重機を用いて配管を設置する穴を掘り、そのあとに配管をつなぎ合わせていきます。最後に水を実際に流して漏水している箇所がないことを確認して終了です。

これら3つの作業をするには、重機オペレーター・配管敷設技師・X線装置確認技能士という資格が必要ですべて国家資格です。一般的にインフラ工事に携わっている方々のことを、職人と呼びます。この職人とは高い技術と専門知識を有している方という意味を持っていいますが、国家資格を有している点と考慮すると専門技士という呼称の方がしっくりとくるでしょう。重機オペレーターの場合、水道管を埋め込むのに必要な深さの穴を数ミリ単位の誤差を出さずに掘らなくてはいけません。

配管敷設技師であれば水漏れを起こさないように配管をつなぎ合わせ、敷設に必要な寸法で配管の加工も担います。X線装置確認技能士はX線の照射量をしっかりと計算して、配管の透視をしつつ漏水箇所がないことを目視でチェックします。どの資格も高度な知識がないと取得できず、必ず1つは所持していないとインフラ工事に従事できませn。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *