個人住宅の浴槽つまりを防止するアイテムとは

浴槽つまりという水回り設備のトラブルを御存じでしょうか。

このトラブルは浴槽内の水を排水口へと流す際に上手く排水できなくなることを指します。その原因となるのは髪の毛等の異物が排水口に流れ込むことで、排水管内で詰まってしまうことでおこります。比較的個人住宅で起こりやすいトラブルであり、もしも浴槽つまりが起こったとしても専門修理会社に連絡をすれば迅速に解決してくれます。しかし、専門修理会社に依頼をすれば約2万円もの修理費用が必要となるので、できればトラブルを未然に防止するように努めることが望ましいでしょう。

個人住宅で浴槽つまりを防止するには、排水口に異物が流れないようにすることです。この防止策に役立つアイテムを100円ショップやホームセンターで販売されています。一般的に「排水口ネット」と呼ばれるもので、目の細かいネットを浴槽内の排水口に取り付けるだけで詰まりを防ぐことが可能です。

この「排水口ネット」は大・中・小の3種類が販売されており、浴槽であれば小(約2cm)の大きさのものを購入しましょう。「排水口ネット」はワイヤーが備わってきて、このワイヤーを引っ掛ければ固定できます。目が細かいネットで髪の毛が排水管内に流れ込まないようにキャッチしてくれます。基本は使い捨てとなっており、表面に髪の毛や石鹸等が付着してきたら取り換えるようにします。このアイテムと使用すれば、浴槽つまりを防止して未然にトラブルを防げます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *