蛇口の漏れの修理について

一般的な住宅には電気や空調や給排水、太陽光発電などの設備があり、普段問題なく使っている設備が使用不能になってしまうことは突発的に発生します。

設備機器のなかでも蛇口は、開閉の際に起こる振動により接続部が緩んでしまうことが多くあります。漏水が発生すると、壁や床を汚すだけでなく水道料金が突然跳ね上がることにもなりえます。室内で漏水が発生した場合は、漏れ出た水に気づくことは比較的容易であります。賃貸物件で漏れが発生すると、その水によって階下の部屋の天井や壁を汚損させてしまいます。この場合は原因者が上の階の住人であって、壁や天井などの修理費用を負担することになります。もし高額の書籍や美術品などがそこにあると、修理ができなくて損害賠償を請求されてもおかしくありません。

屋外の水栓からの漏水は、出た水が地面に浸透してしまって気が付きにくいのですが、雨が降っていないのに地面や芝生が濡れていることなどから判明可能です。漏れを見つけた場合は、それがどこから出ているのかを調べた上でその系統の元バルブを閉める必要があります。ほとんどのケースでは蛇口などの器具が原因であることが多くて、ここを増し締めすることで漏水がおさまります。毎日使っている器具では、開け閉めの際の振動が接続箇所を緩める原因になりえます。修理を個人で行う場合は、露出しているのであれば容易にできますが、壁や天井内部であると対応が難しいです。また、蛇口の増し締めができたとしても再び水が出るようであれば、ほかの原因が考えられますので、水道業者などの専門家に依頼をして対応してもらうことが賢明です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *