トイレの修理が必要な場合

一度、購入したらずっと使い続けられるイメージがありますが、トイレの寿命は10年程度だと言われています。

陶器の本体部分はひび割れなどが発生しなければ長く使えますが、内部の部品等は消耗品の為、劣化します。その為、定期的なメンテナンスや修理はどうしても必要になります。タンクの下から水漏れが発生したり、手洗い管から水が出てこない場合は、部品の劣化が原因になる事が多いため交換が必要な事象です。また、トイレの不具合で一番多いのものは詰まりです。

水に流せるトイレットペーパーも一度に大量に流せば詰まりますし、流せるタイプの掃除シートも、一度にまとめて流せば詰まりの原因となってしまいます。異物を落としてしまって詰まらせてしまったり、ペットのトイレ砂が原因で詰まってしまっているケース、タンクの部品劣化で水流が少なくなっていて規定量の水流がないために流れにくくなっている場合もあり、詰まりの原因は様々です。

自分自身でラバーカップ等で詰まりを直す事も出来る場合がありますが、場所や箇所によっては専門の修理業者を呼んで修理が必要になる事があります。詰まりを解消するために熱湯を流した結果、便器がひび割れを起こして交換が必要になったケースもあり、自分自身での安易な緊急対応で更に悪化させてしまう場合もあります。トイレの不具合は緊急性を要するものですが、応急措置をするにしても焦りは禁物です。自分で対応できるトラブルなのか修理業者が必要なのかの判断をし、情報を集めて冷静に対応する事が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *