トイレのウォシュレットを修理するなら

トイレでの水トラブルには色々ありますが、ウォシュレットもその1つ。

ノズルの先からポタポタと水が滴り落ちる、本体部分から水がにじみ出る、ノズルの水が調整できないなど、様々な症状が報告されています。ウォシュレットが使えなくなると、トイレの快適さが損なわれ、日常生活にも何かと支障をきたします。それだけでなく、ウォシュレットのような電気製品の場合、漏電による火災も心配しなければなりません。いずれにしても、ウォシュレットで不具合を感じたら、速やかな対応が求められます。まずノズルの先から水漏れし続けるケースでは、調整弁やバルブユニットに何らかの異常が推測できます。ここがトラブルを起こすと、ノズルの水量や水の流れを調整できなくなります。

ウォシュレットの本体から水漏れする原因は、給水ホースと接合部をつなぐナットの緩みや、パッキンの劣化等が考えられます。この部分は経年劣化が進みやすいので、設置から10年も経過すれば、交換などの修理が必要になります。ノズルから出る水圧が弱い、あるいは全く出ないようなケースでは、給水フィルター部分の異常が推定されます。

一般的にウォシュレット本体にはフィルターが内蔵されており、ここで水道水に混じる不純物を除去します。例えばフィルターに目詰まりが起きれば、ノズルから出る水の勢いも弱くなってしまいます。トイレのウォシュレットを修理したいなら、地域で実績のある専門店へ連絡するのがベスト。電気を扱うため、修理には専門的な知識や技術が求められるからです。また素人の方が無理をすれば、大きな事故につながることもあるので危険です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *