一般家庭のトイレ修理に必要な道具類

トイレは1日何回も使用する設備で、さらに家族全員が共用するものです。

住居内でも利用頻度が高く、必然的にトラブルが発生しやすくなります。水洗レバーを押しているのに水が出ない、スムーズに水が流れないといった現象を経験された方も多いことでしょう。2つとも一般家庭で発生しやすいトイレトラブルです。トラブルが発生した際は水道専門修理会社に依頼をすればいいのですが、修理するまでに1日ないし2日以上もの時間が掛かる場合もあります。より迅速に解決するんはセルフ対応が望ましいです。

トイレ修理をいつでもおこなえるようにしておくには、日頃から修理道具をストックしておくことです。一般家庭のトイレ修理に必要な道具は「プライヤー」「ラバーカップ」「水栓パッキン」の3種類で、どれもネット通販やホームセンターで入手できるものです。「プライヤー」というものは水道管のナットを緩める・締めるのに利用するもので、水道トラブルを解決するには必須道具です。1500円前後で販売されており、1度購入すればいつまでも使用できます。

「ラバーカップ」はトイレ詰まりを解消するための道具であり、便器の排水口に押し付けることで内部に詰まっている異物を取り除くことが可能です。ラバー製なので4年程度で劣化しますが、1本800円程度とお手頃価格で入手できます。「パッキン」は水洗タンク内に設置されている手洗い管に取り付けるものです。水に含まれる塩素が付着すると水を通しにくくなるため、定期的に交換すれば水の流れをスムーズに維持し続けられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *