排水管つまりを家庭用高圧洗浄機で解消する方法

住居内で発生する排水は、すべて排水管を通って公共施設である下水道へと流れていきます。

この排水管は日本工業規格(JIS)によって直径12cmと定められており、どのご家庭・会社・学校といった施設でも共通です。12cmというのは成人男性の手のひらほどのサイズしかなく、比較的細い配管です。このため、トイレやキッチンのシンク・浴槽から異物を流すと排水管つまりを起こしやすくなります。排水管つまりは発生した時点で早急に解決するのが望ましく、そのまま放置してしまうと排水が逆流して室内が水浸しになる恐れがあります。

排水管つまりは専門修理会社に依頼をする方法と、自身で解消するという2つの方法があります。自身でおこなう場合は、家庭用高圧洗浄機を用いれば短時間で解消させられるうえに、排水管内を綺麗に洗浄することもできて一石二鳥といえます。家庭用高圧洗浄機はネット通販やホームセンターで1台9800円前後で販売されていて、住居周りや自動車・バイクの洗浄をするのに役立つアイテムです。一般的な高圧洗浄機は、本体部分で噴射する水の圧力を調整できます。

排水管つまりを解消する際は1、200hpsの水圧に設置して、つまりを起こしている箇所の排水口に洗浄機のノズルをセットします。小刻みに反時計回りにノズルを動かしながら連続噴射をしていけば、十分な水量と水圧によって排水管内の異物を下水道へと追いやることが可能です。排水管つまりは頻発しやすい問題ですが、月1回ほど定期的に洗浄機を使って洗浄することで未然に防ぐこともできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *